素足 靴 臭い

素足で靴を履くのは厳禁!臭い、水虫のリスクも!どうしても素足で靴を履きたい時の消臭対策。

 

素足で靴を履きたい時の消臭対策。

この記事をお読みになっているアナタならおわかりかもしれませんが、残念ながら素足で靴を履くのは厳禁。

 

靴は通気性が悪くムレやすい構造になっているので、少しでも汗をかいたものならすぐに足の臭いで充満してしまいます。さらには足の臭いが生地に染み付いて、靴自体が常時臭くなってしまうのです。洗っても臭いが落ちなくなり苦労することも少なくありません。

 

しかし最近ではファンションとして素足のまま靴を履く人も増えており、中には素足で靴を履いても臭くならない方法をお探しの方もいらっしゃるでしょう。

 

そこでこのページでは、素足で靴、スキーカー、ローファーなどを履いても臭くならない足の臭い対策を解説していきます。

 

このページの内容。

  1. どうしても素足で靴を履きたい時の消臭対策。
  2. 知っておこう!素足で靴を履くことで起きるリスク。
  3. 裸足で靴を履くと靴内部が湿りやすく、臭いも発生しやすい!
  4. 足が長時間ムレた状態だと、雑菌も繁殖し放題で水虫になる。
  5. 肌荒れ、汗疹(あせも)、湿疹(しっしん)などが出る。
  6. 靴ズレしやすく、肌にもダメージが。
  7. 靴がすぐ傷んでしまう他、カビも生えやすい。
  8. 素足で靴を履くときに絶対に行ってほしい臭い対策。
  9. 消臭&制汗クリームを塗っておくこと。コレ常識!
  10. 消臭できる下敷きインソールを使う。
  11. 靴の中にヌーラを吹きかけておけば、殺菌され臭いが発生しない。
  12. 履き終えた靴は洗って干しておきましょう。
  13. →復習!

 

知っておこう!素足で靴を履くことで起きるリスク!

足から出る汗で靴内部が湿る。すると臭いが発生する!
足が長時間ムレた状態にあれば、水虫になる危険性も!
肌荒れ、汗疹(あせも)、湿疹などが出る。
靴ズレしやすく、肌にもダメージが。
靴がすぐ傷んでしまう。カビも生えやすい。

裸足で靴を履くと靴内部が湿りやすく、臭いも発生しやすい!

素足で靴を履くということは、靴が臭くなるリスクに直結します。裸足であることから汗が直接靴内部の生地に染み込み、雑菌も余計に繁殖しやすくなります。靴下を履いているときに比べ、倍以上臭いが発生するリスクがあるということを覚えておきましょう。

 

足が長時間ムレた状態だと、雑菌も繁殖し放題で水虫になる。

靴の中に住む雑菌は湿気が大好き。裸足で靴を履くことで汗が直接靴内部の生地に染み込み、雑菌の繁殖が過剰になってしまいます。その雑菌の中には白癬菌(はくせんきん)と言われる水虫菌もおり、素足で触れるがため水虫になるリスクも大きいということを覚えておきましょう。

 

肌荒れ、汗疹(あせも)、湿疹(しっしん)などが出る。

靴の内部は非常に不潔な状態です。まして汗によるムレも加わり、雑菌だらけになっています。そんな環境に素足で触れれば、当然のことならが様々な肌トラブルが予想されるでしょう。肌荒れ、汗疹(あせも)、湿疹(しっしん)などができてもおかしくありません。

 

靴ズレしやすく、肌にもダメージが。

素足で靴を履くことで、靴擦れ(くつズレ)が起こりやすくなります。靴内部の構造は複雑で、アチコチに過剰に擦れる箇所が存在します。また靴下を履いているときに比べ、摩擦の度合いも増すので、肌にダメージが加わりやすく、靴ズレしやすくなります。

 

靴がすぐ傷んでしまう他、カビも生えやすい。

素足は湿った状態であることがほとんどなので、擦れるたびに靴自体にも負荷がかかります。よって生地が破れていくスピードが早まります。また常に湿気が多い状態ではカビも繁殖しやすく、靴がカビてしまったという惨事も起こりかねません。

 

素足で靴を履くときに絶対に行ってほしい臭い対策。

素足で靴を履くときは、消臭&制汗クリームを塗るのが常識!
靴には下敷きインソールを入れ、除湿すること。
ヌーラで靴の殺菌と消臭を!
履き終えた靴は、マメに洗って天日干しすること。

消臭&制汗クリームを塗っておくこと。コレ常識!

素足で靴を履きたい時の消臭対策。

素足で靴を履く場合、靴を履く前に必ず消臭&制汗クリームを足に塗っておきましょう。

 

靴の中の臭いは、足の汗による湿気で活動を活発化させた雑菌が発しているものがほとんど。ですから雑菌が臭いを発生させないよう、足の汗を抑え靴の中をドライな状態にしておく必要があります。さらに消臭効果があれば、靴の中に臭いがこもるのを防ぐことができます。

 

消臭&制汗クリームは数多くありますが、市販されている商品は効果が薄いので、制汗力、消臭力が強い商品を選ぶ必要があります。具体的には「クリアネオ」がオススメ。ある程度運動しても足をサラサラ状態のままキープすることができ、ムレることがありません。さらに消臭力も強いので万が一臭いが発生しても安心です。

 

制汗&消臭クリームは肌に良くない商品が多く、購入する際には細心の注意が必要です。その点でクリアネオは無添加仕様で肌への悪影響がありません。少々効果ではありますが、体のことを考えればクリアネオを使用するのが最善策と言えます。

 

汗っかきの人や足の臭いが強い人には、もっと効き目が強い商品もあります。消臭重視なら「クイックダッシュ」が最強で、恐ろしく強い臭いでも常時消臭してくれるのが魅力です。ご自分の汗の量、臭いの強さを見て使い比べてみるのも良いでしょう。

 

いずれにしても素足で靴を履く場合には、制汗&消臭クリームを塗ることが基本中の基本。面倒臭がらず、しっかり対策することで臭いや水虫のリスクを減らすことができます。

 

→クリアネオ。
→クイックダッシュ。

 

消臭できる下敷きインソールを使う。

素足で靴を履きたい時の消臭対策。

足の汗と臭い対策に加え、靴自体の臭い対策も必須項目となります。

 

いくら制汗したからといってまったく汗が出ないわけではありません。少量でも汗をかいて靴の中がムレれば、たちまち雑菌が臭いを出し始めます。

 

そこで靴には消臭用の下敷きインソールを入れておきましょう。

 

素足で靴を履く場合は安価なものではなく、消臭効果、除湿効果の高いインソールを選びましょう。少々高価ですが「菌ピタ君」という下敷きインソールがとても良くできておりオススメ。消臭効果、殺菌効果、除湿効果ともにバツグンで、素足で靴を履いても足の臭いを大幅に防ぐことができます。

 

なお帰宅した際は、下敷きインソールを取り出し天日干しし、最後に殺菌することをお忘れなく。

 

→下敷きインソール・菌ピタ君。

 

靴の中にヌーラを吹きかけておけば、殺菌され臭いが発生しない。

素足で靴を履きたい時の消臭対策。

もう一つ忘れていけない靴の臭い防止策は、消臭スプレーです。強力な殺菌効果と、臭い物質を分解してくれる働きがある「ヌーラ」を使いましょう。

 

ヌーラの消臭力はとてつもなく強力で、凶暴な足の臭いでさえ一吹きした瞬間に消えてしまいます。よってヌーラを携帯しておけば万が一臭いが発生したときでも即解消することが可能。

 

また靴を履く前にヌーラを吹きかけ殺菌、消臭対策しておくことで、素足で運動しても臭いが発生しなくなります。

 

靴の衛生を保つためにも、ヌーラを必ず用意しておきましょう。

 

→ヌーラ。

 

履き終えた靴は洗って干しておきましょう。

素足で靴を履きたい時の消臭対策。

素足で履いた靴は、上記した対策を行っても多少なりとも湿気と雑菌を含むことになります。その日は大丈夫でも、次の日履いたときに臭くなっていることもあります。ですからマメに洗って天日干しし衛生を保つようにしてください。

 

洗う頻度は、素足で靴を履いた場合、3回履いたらが目安です。そして洗って干し終えたら、殺菌と臭い予防のためヌーラを吹きかけておくことをオススメします。

 

当サイトでは、靴、パンプス、ブーツ、サンダルなどの臭いを防ぐための策について解説しております。実践すればアナタの足の臭いの悩みは簡単に解消できます。

 

トップページでは靴の消臭には欠かせないとっておきの消臭グッズも紹介しておりますので、そちらもぜひお試しください。

 

→靴の臭いを消す、最強の消臭対策ナビ!【必読】トップ

 

どうしても素足で靴を履きたい時の消臭対策。復習!

  • 基本的に素足で靴を履くことは臭いの元。さらに水虫や靴ズレのリスクもある。
  • 靴の中は通気性が悪く、汗をかけばムレて雑菌が臭いを発する。裸足では汗が直接靴に染み込むので、なおさら臭いが増す。
  • 素足で靴を履きたい場合には、足に消臭&制汗クリームをつけることが基本中の基本。
  • 靴には消臭用の下敷きインソールを敷き、ヌーラを吹きかけておけば万全。
  • 履き終えた靴はマメに洗い、天日干ししておく。干す際にはヌーラをかけておくと良。

この記事が少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです!