靴 臭い 原因

靴の臭いの原因。

 

靴の臭いの原因。

誰にも言えない恥ずかしい悩み、靴の臭い。誰もが普段から履く靴だけに、靴が臭くて悩んでいる人はとても多くいらっしゃり、当サイトのアクセス数は毎日2万PVを超えているほどです。

 

では、いったいナゼ靴が臭くなってしまうのでしょう?靴を臭くする原因となるキーワードは、足の臭い、汗、湿気、ムレ、雑菌、イソ吉草酸などがあります。それを踏まえて、このページでは足の臭い、靴の臭いの原因と発生のメカニズムについて解説していきます。コレを機に、ぜひアナタの靴の臭い対策にお役立てくださいね!

 

 

汗による湿気で雑菌が臭いを発する。これが足の臭い、靴の臭いのメカニズム!

足の臭いは、汗により活動を活発化させた雑菌が発していたイソ吉草酸という臭い物質。
足の裏だけではなく、同じことが靴の中でも起きている。
新陳代謝の激しい子供さんは、特に靴の臭いがヒドイ!

 

靴の臭いの原因。

実は、足の臭いも靴の臭いも発生するメカニズムは同じです。足と靴の臭いは、汗による湿気と雑菌により発生します。

 

足や靴には普段からたくさんの雑菌がくっついています。どんなにお風呂で洗い流しても、足から雑菌がいなくなることはありません。この雑菌は普段、足の垢(角質)や靴についた汚れなどをエサとして生きており、さらに人間の体温の適度な温かさは雑菌にとって願ってもない好環境なのです。

 

ここに汗による湿気が加わった時、雑菌は普段より猛烈に活動を活発化し、エサを食べ始めます。パワーマックス状態で活動を始めた雑菌達は、「イソ吉草酸」と言われる臭い物質、いわゆるあの不快な臭いを発生させるのです。これが足の臭いの正体で、ほとんどの足の臭い、靴の臭いのメカニズムとなっていると言えます。

 

このように、湿気と雑菌により足の臭い、靴の臭いが発生していたのです。

 

雑菌による臭い物質の発生は、足の裏だけではなく靴にも起こる。

靴の臭いの原因。

雑菌が湿気により活動を活発化させ臭い物質を発生させる。・・・これは足の皮膚だけで起こるものではありません。靴の場合も同様で、靴の中にもたくさんの雑菌が住んでおり、これが湿気を含むと同じように雑菌が活動を活発化させ、臭い物質を発生させるのです。

 

人間は何もしなくても1時間に50ccの汗をかきます。もし靴を長時間履きっぱなしにしていたら、当然靴には湿気がたまり、足からも靴からも臭いが発生するというわけです。

 

汗をかいたらなおさら湿気が多くなるので、運動後などは特に靴からヒドイ臭いが発生するのです。

 

また思春期になった子供さんの足や靴は特に臭いがヒドイですよね?これは新陳代謝が激しいことが大きな要因です。成長のスピードが早く、皮膚が次々新しいものに入れ替わっていきます。垢として落とされていく皮膚や角質がとても多いので、雑菌の繁殖には最高の環境。さらに運動をして汗を多くかくので、臭いが発生する頻度も、臭いの度合いもヒドイというわけです。

 

靴が臭くなる原因は他にもある!

足や靴下から出た臭い物質は、靴の生地に染み込む。
今湿気がまったくない靴でも、過去に湿気があれば雑菌が待機しているということ。
毒素の排出などで、雑菌だけではない「体臭タイプ」の臭いもある。

足から靴に、臭いが移る。

靴の臭いの原因。

仮に靴自体はそれほど湿気が多くなくても、靴が臭くなることもあります。

 

この原因としては足の臭いが靴に移ったことによるものが多いです。臭い物質のイソ吉草酸が放出され、靴の生地の隙間などに入り込んでしまうのです。

 

また靴が湿気のある状態になると、雑菌はどんどん繁殖していき、生息数を広げてきます。足や靴下についていた雑菌が移動して、さらに数は増えていくでしょう。数が多ければそれだけ臭い物質の放出も多く、わずかな湿気であっても臭いが発生してしまいます。

 

乾いた靴でも油断はできない!履く前は臭くなかった靴が、履いてすぐに臭くなることも。

靴の臭いの原因。

一見靴が乾いていても油断はできません。靴が乾いた状態であっても、数時間前、数日前に靴を履いていたとすれば、数時間前、数日前には靴に湿気がたまっていたことになります。イコール、そこには雑菌が繁殖していると言えます。

 

靴を履く前はまったく臭くなかったのに、靴を履いて少しの時間でも臭くなるのはこのため。現在靴が乾いていても、臭いを発していなくても、雑菌が待機していればわずかな湿気でも臭いが発生してしまうということを忘れてはなりません。

 

マメに靴を洗わない、天日干ししない人に多くありがちなパターンと言えます。

 

元々足から臭いを発する体質である。

靴の臭いの原因。

体質的なものや、体の不具合、毒素の放出などで、足自体から臭いを出している場合もあります。この場合も足の臭いが靴の中から放出されず、靴の生地に染み付いてしまうパターンが多いです。

 

いくら靴下を履いても、靴下は通気性が良いですから簡単に臭いを靴に移してしまうのです。そして通気性の悪い靴の中で、どんどん生地の中に臭い物質が押し込められて、いわゆる臭いがこびりついた状態になってしまいます。

 

体臭からくる足の臭いは、体の不調のサインというケースもあり得ます。生活習慣を規則正しくする、体質を改善する、食生活を気をつけることで、足の臭いが弱くなることもありますので、まずは規則正しい生活をするという努力をしてみましょう。

 

足の臭い、靴の臭いはどうしたら防げるのか?当サイトでは足の臭い、靴の臭いを解消するための有効な対策を解説しております。

 

安価な消臭スプレーでその場しのぎの臭い消しをするのではなく、もう二度と靴の臭いでヒヤヒヤすることがないよう万全な対策を解説しておりますので、ぜひトップページから順にお読み頂き、実践していただきたいと思います。

 

→靴の臭いを消す、最強の消臭対策ナビ!【必読】トップ

 

靴の臭いの原因。復習!

  • 靴の臭いは、湿気により雑菌がエサを活発に食べているときに発生されるもの。
  • 足の臭いも靴の臭いも発生するメカニズムは同じ。
  • 足から靴に臭いが移ることもある。
  • 仮に靴が乾いていても、過去に靴を履いていれば雑菌が待機している状態なので、少しの湿気で臭くなる。
  • 元々の体質や体の不調などで足が臭くなることもある。

この記事が少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです!