靴 雨 臭い

雨で塗れると靴が異常に臭くなる!雨による靴の臭いの予防策と解決策。

 

雨による靴の臭いの予防策と解決策。

雨の日は、靴が濡れて臭くなるという事態に気をつけなければなりません。

 

通常の足の臭いならまだしも、雨で内側まで濡れてしまった靴は、普段と比べてものにならないほど嫌〜な臭いを醸し出します。

 

雨に濡れて蒸れた靴は、そのままにしておくとさらにヒドくなり、なかなか取れなくなってしまいます。さらに生乾き臭は玄関に充満。仕事中なら他の人にも迷惑をかけてしまいます。

 

靴が傷んでしまう原因にもなりますので、雨の日の靴の履き方、メンテナンスはしっかり行うようにしましょう。

 

このページでは、雨の日に気をつけたい靴の履き方や、濡れた靴をすぐに乾かす方法など、雨の日でも靴の臭いをしっかり防ぐための方法を提案してまいりますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

雨に濡れると靴が臭くなる原因。→湿気と雑菌が臭いを生む。

靴の臭いの原因は、湿気により活動を活発化させた雑菌が発する。
雨に濡れたことによる生乾き臭も同様。

 

雨による靴の臭いの原因。雑菌と湿気。

靴の臭いの原因は、雑菌と湿気の組み合わせです。足の臭いと雨に濡れた靴の生乾き臭は、実はメカニズムがほぼ同じ。

 

まず靴のニオイの原因は、靴内部や足に住み着いている雑菌。この雑菌は、湿気が多くなると活動を活発化させ、足特有の嫌な臭いを発します。つまり、汗をかいたりムレた状態になると、住み着いていた雑菌が暴れわまり足や靴が臭くなるというわけです。

 

雨に濡れた靴が臭くなるメカニズムも基本的には同じ。ただし雨に濡れるとなると、水分量が汗の何倍にもなりますから、さらに雑菌が大繁殖し、足の臭いにとどまらず、生乾き臭や腐ったぞうきんのような悪臭を放つことになります。

 

雨にグショグショに濡れているときより、少し乾いてきたころに強烈な臭いが襲ってきます。

 

足の臭いと生乾き臭は、原因は似たようなもの。

洗濯物も生乾きのものは、臭いが強烈で、古くなったぞうきんのような臭いになりますよね?これも雑菌の繁殖と湿気によって起こるもの。

 

一見足の臭いと生乾き臭は別なもののと思うかもしれませんが、どちらも雑菌と湿気が原因という面では同じこと。

 

つまり、普段それほど足の臭いが起こらない人でも、雨の日は極めて靴が臭くなりやすい状態になってしまうと言えるでしょう。

 

雨の日に起こる靴の臭いを防ぐ方法。

雨の日に履いた靴は帰宅後すぐに乾かすことが最優先。
ドライヤーで短時間で乾かせば雑菌の増殖が防げる。
防水スプレーを使い、靴の傷みを防ぎ臭いも防ぐと良。
重曹、10円玉、乾燥剤を上手く使えば、臭いを残さず靴を保管できる。
雨の日でもヌーラがあれば即消臭!

 

雨による靴の臭いの予防策と解決策。

雨の日に履いた靴でも、素早く乾かせば靴の中に臭いが残らなくなります。

 

ただし「臭いがつかない方法」で乾かさないと、雨に濡れた靴は、乾いても臭いを発生させてしまいます。

 

基本的に靴のみならず服なども、乾いてさえいれば、気になる臭いは発生することはありません。

 

しかし雨の日にはそうもいかないため、とにかく雑菌を活動させないことをウエイトを置き、ムレても臭いが発生しない状況を作ることがポイントとなります。

 

それでは雨の日に靴の臭いを防ぐためのポイントを解説していきます。

 

雨の日に履いた靴は、すぐに乾かすこと!

雨による靴の臭いの予防策と解決策。すぐに乾かす。

雨の日に履いた靴は、早く乾かすことが基本。早く乾かすことで靴の中の臭いの発生と、靴の傷みを予防することができます。

 

とはいえ、有効な乾かし方がわからない方も多いでしょう。濡れた靴は乾くまで待つ間に雑菌が靴の中で繁殖し、臭い靴になってしまいますし、実は乾くまで放っておくと、完全に乾くまでに長いと3日間もかかってしまうことがあるのです。

 

革靴、長靴などが雨水に濡れた場合によく使われる方法が、新聞紙を詰めるというものですが、実はそれよりキッチンペーパーの方がより水分を吸い取る効果に優れております。

 

もちろんキッチンペーパーがない場合には新聞紙でもOK。どちらも、湿ったらこまめに新しいものと交換することで、靴が乾くスピードが速くなります。

 

靴の種類別、上手な乾かし方。

スニーカーの場合。

スニーカーの場合はゴムと布でできていることが多いので、洗濯機で脱水をするのがポイントです。

 

  1. 中敷きを外し、中敷きと靴の中と外側をタオルなどで拭いて水気を取ります。
  2. 中敷きと靴を洗濯機で脱水します。
  3. 脱水が終わったら。つま先を下にして立てかける、または吊るす。

 

洗濯機で脱水することで、かなりの水分が飛ばされるため、早く乾かすことができます。

 

脱水の後は、できれば吊るしたほうがつま先部分が乾きやすくなります。吊るすものがない時には、針金のハンガーを用意して、両端を上に曲げると靴を干すのに最適な形になります。

 

革靴やエナメル製、長靴の場合。

革靴や長靴は乾燥剤があれば、乾燥剤を用意し、新聞紙またはキッチンペーパーを丸めて詰めることがポイントです。

 

  1. 靴をタオルなどで水気をよく拭き取る。
  2. つま先に乾燥剤を入れ、新聞紙またはキッチンペーパーを丸めて詰める。
  3. つま先を下にして立てかける。

 

詰めた新聞紙、キッチンペーパーは湿ったらこまめに新しいものを取り換えると、乾きはさらに早くなります。

 

長靴やブーツはペットボトルで。

長靴やブーツは、底が深いため通気性の悪いのがやっかいなところ。よってペットボトルなどで入り口の空間を作り、靴内部の通気性を上げることが大切です。

 

  1. 靴をタオルでよく拭き、水気を取る。
  2. 新聞紙またはキッチンペーパーをつま先に丸めて詰める。
  3. ペットボトルを靴にさして、逆さまにして風通しのよい場所に置く。
  4. ある程度の時間が経過したら、再びタオルで水気を拭き取る。

 

ペットボトルを入れ、濡れた靴をさかさま状態にすると、水気が下に移動し早く乾きますし、ブーツの場合には型崩れを防ぎます。

 

詰めた新聞紙またはキッチンペーパーは湿ったら、新しいものに取り換えましょう。

 

最速!靴を早く乾かすなら、ドライヤーを使うこと!

雨による靴の臭いの予防策と解決策。ストーブやヒーターで乾かす。

ドライヤーやヒーターなどの温風をあてることで、効率的に早く靴を乾かすことができます。

 

中敷きがあれば必ず外し、靴内部にドライヤーの温風を送っていきます。

 

乾かし始めてある程度時間が経過したら、ドライヤーの温風をあて、まだ湿っているようであれば、上で紹介した手順とドライヤーを繰り返します。

 

最後の仕上げにはしっかりと除菌を。

靴の中の水気がなくなったら、アルコールなどで靴の中を消毒し、風通しの良いところで靴を干しましょう。

 

アルコールで消毒することで、靴の中の雑菌の繁殖を防ぎ、除菌することもできるので、乾いた後で履いても靴が臭くなりません。

 

さらに消臭効果を高めたいなら、超強力消臭スプレー「ヌーラ」がオススメ。今出ている悪臭を消す高い消臭力はもちろん、強い殺菌力があるので、アルコール除菌以上の力を実感してくれます。

 

雨の日でも安心な靴を選ぶのが最善!レインブーツ、レインシューズを履こう!

雨の日は、水の流入を防げるレインシューズを履くこと!
ゴアテックス仕様の靴は高い防水性とムレの少なさで快適。
レインシューズでも完璧に水の流入を防げるわけではないので注意。

 

雨による靴の臭いの予防策と解決策。防水仕様のレインシューズ、レインブーツ。

濡れることで起きる靴の臭いを防ぐには、そもそも雨対策に優れている靴を履いて出かけるのが最善策です。

 

雨の日に最適な靴選びのポイントは、「防水」「放湿」「防滑」の3つ。このずべてを兼ね備えた靴が、雨の日には最適。

 

雨の侵入を防ぎ、かつ内部の湿気を減らし蒸れ防止をしてくれる靴があれば最高と言えるでしょう。

 

なおかつ濡れた路面は滑りやすいものなので、防水・放湿に加え「滑りにくさ」もある靴であれば最高です。

 

靴屋さんに行けば、雨の日でも安心して履けるよう「防水」「放湿」「防滑」を満たしたいわゆるレインシューズ(レインブーツ)が数多く売っておりますので、雨の日用に用意しておけば万全です。

 

普通の靴より遥かに水分の侵入が少なく、雨の日でも靴内部が濡れずに履けるので、グショグショに濡れて臭くなる事態を防ぐことができます。

 

表面に「防水加工」が施されており、その表記が目印です。

 

雨の日でも安心で快適!ゴアテックス仕様の靴が快適!

防水と放湿は相反するものでもあります。防水性が高ければ密閉性も高くなり、湿気が逃げにくくなるもので、ムレたり不快感があるかもしれません。

 

もし雨の日でも快適に外を歩きたいなら、ゴアテックス素材で作られた靴を履くことをオススメします。

 

ゴアテックスとは、高い防水性と、湿気を放出する透湿性の両方が高次元で満たされている素材。

 

「水蒸気は通すものの雨は通さない」というもので、雨の日でも中が濡れることもなく、また汗でムレることもありません。

 

お値段は高くなってしまいますが、その安心感は雨の日にはうってつけなので、ぜひ使用してみてください。

 

意外にも天然の革靴も良い。

防水性と通気性を求めるのであれば、意外ですが天然革靴も良いようです。

 

適度な通気があり、足の形に馴染むので、足がむくみやすい梅雨から夏にかけては天然革靴は最適と言える靴でしょう。

 

※防水加工のレインシューズでも、完璧に臭いが防げるわけではない。

防水仕様のレインシューズを履けば靴外側からの水の流入はかなり防げ、よって靴が臭くなる事態も大幅に防げます。

 

しかしそれが完璧か?と言われれば、答えはNO。

 

強い雨では靴の隙間から水が入り込んでしまうもので、少なからず靴の中に湿気がたまってしまいます。

 

よってレインシューズであっても、帰宅後はすぐに乾かすこと、また水たまりなどに気をつけて歩くことを心掛けましょう。

 

防水スプレーを使い、靴の傷みを防ぎながら臭い防止。

雨による靴の臭いの予防策と解決策。防水スプレー。

防水性の高い靴だとしても、防水スプレーを使えば、さらに靴は長持ちするようになります。

 

購入したばかりの靴や洗ったばかりの靴、またなかなか洗うことのできない靴の場合には、防水スプレーを使うことで、靴の傷みを防ぎ、水が入らないことで臭いも防ぐことができます。

 

近年は土砂降りのゲリラ豪雨で防水スプレーも敵わないケースもありますが、小降り程度であれば防水スプレーでも十分に靴の中に雨水が入るのを防ぐことができます。

 

サラリーマンの方は革靴を1日履いていることが多いと思いますが、革靴の場合には、ワックスなどを塗ることで防水になります。

 

逆に防水スプレーを革靴にかけてしまうと、艶がなくなってしまうこともあるので、注意してください。

 

靴の素材によっては防水スプレーがシミになってしまうものがあるので注意。

以下の素材は、防水スプレーの使用はNG。シミができたり、逆に痛みの原因になるので使用しないようにしましょう。

 

  • エナメル。
  • オイルドレザー。
  • オイルドスエード。
  • スエード。
  • ヌバック。
  • シープスキン。

 

これらの素材は購入時に専用の防水グッズがあるかどうか、相談してみましょう。

 

これをしておけば臭い対策は万全!雨後に行う靴の保管。

雨で濡れてしまった靴は、乾かした後でも残っている雑菌によって臭いが取れない場合があります。

 

元々の臭い+新たな臭い=さらに臭い!という最悪なコトになってしまいますから、濡れた靴が乾いたら、以下のポイントをおさえて靴を保管しましょう。

 

簡単にできる、靴の臭いを防ぐ保管の策。

重曹で臭いを取る。 重曹は消臭・吸湿効果にもスグレモノ。お茶パックやキッチンペーパーに包んで靴の中に入れておくだけ。濡れた靴だけではなく、靴箱に入れておいてもOK。靴箱の中の靴独特のモヤっとした臭いがかなり消臭できます。
10円玉で消臭。 10円玉にも消臭・除菌効果があることは広く知られています。10円玉に含まれる銅イオンの働きによって、消臭効果があります。10円玉の銅が臭いの原因となるバクテリアや雑菌を分解して殺菌して消臭してくれるのです。靴の中に5枚ほどポンと入れておくだけでよいですよ。
乾燥剤を入れる。 お菓子の袋などに入っている乾燥剤(シリカゲル)には、水分を吸収する力があります。最近では靴屋さんにも靴用の乾燥材が販売されていますが、靴用の乾燥剤がなかったら、お菓子の袋に入っている乾燥剤を使ってみてください。青い粒の色がピンク色になると、「もう吸えません」という合図なので、ピンクになったら捨ててくださいね。

 

消臭スプレーを携帯せよ!雨の日でもヌーラがあれば即消臭!!

雨による靴の臭いの予防策と解決策。ヌーラ。

突然、外で雨に降られて靴の中がグッショリ濡れてしまうことは、よくあること。そして困るのが、雨に濡れた靴の中です。

 

特にサラリーマンの方は、急な接待や飲み会などで、突然靴を脱がなければならなくなる場面もあるでしょう。そんなときに濡れて臭くなった靴を脱げば、当然のごとく、足も臭っている状態で迷惑をかけてしまいます。

 

乾かす暇もなく、濡れたままの靴を履いていれば、靴の中は足の体温によって暖かくなり、雑菌が繁殖し、臭いの発生源となってしまいます。

 

そんなときのために携帯しておきたいのが、消臭スプレー。

 

消臭スプレーならコンビニで売られておりますが、市販品は効果が弱すぎるというデメリットも。そのため使用する消臭スプレー選びが大切です。

 

靴の消臭なら、「ヌーラ」がダンゼンにオススメ!

雨による靴の臭いの予防策と解決策。ヌーラ。

いざというときの消臭のために、小さいスプレーボトルに入れて持ち歩いておきたいのが、超強力消臭スプレー「ヌーラ」です。

 

ヌーラは市販の消臭スプレーとは比べ物にならないほどの強力な消臭力があり、雨の日に水の臭いと雑菌とで混ざり合ったいや〜な臭いもひと吹きすれば、完璧に臭いが消えてしまいます。

 

ヌーラは臭い物質そのものを分解し、消滅させ、さらに臭いの元となる雑菌も除菌します。つまり臭いの原因となるものをすべて消滅させてくれるスプレーということ。

 

よってヌーラなら、雨で濡れて臭うようになった靴でさえも、バッチリ消臭が可能。不意の事態で万全な応急処置が可能です。

 

靴はもちろんのこと、靴下や服など、あらゆるものに利用できますから、1つ携帯しておけばとても心強いアイテムとなってくれます。

 

効果も長持ちしますから、帰宅後、靴を乾かす際に、ヌーラを吹きかけておけば、乾燥とともに除菌・殺菌もできてしまいます。

 

→ヌーラ。

 

雨の日の靴を消臭・除菌しながら乾かす方法、それによって乾いた後でも靴がにおわない方法をご紹介しました。雨の日、梅雨時にお役立てくださいね。当サイトのトップページでは、消臭スプレー以外にも靴の中の臭い対策に最適なアイテムをご紹介しておりますので、ご参考になさってください。

 

→靴の臭いを消す、最強の消臭対策ナビ!【必読】トップ

 

雨で塗れると靴が異常に臭くなる!予防策と解決策。復習!

  • 雨で濡れた靴は、水分によって靴の中が蒸れやすくなり、雑菌が繁殖しやすくなるため臭いも発生してしまう。
  • 濡れた靴は帰宅後、すぐに乾燥させる対策が必須!
  • 濡れた靴はヒーターやドライヤーにて乾かすのが最速。
  • 濡れた靴の乾燥に入れるキッチンペーパーにはヌーラをしみこませれば除菌と殺菌ができる。
  • レインシューズ(レインブーツ)を用意しておけば、雨の日でも安心。
  • しかし中を完全に濡らさないということは難しく、レインシューズでも乾燥やニオイ対策は万全に。
  • ゴアテックス素材の靴は、防水の上、ムレを放出してくれるので快適!
  • 不意に雨に降られてもヌーラで除菌・殺菌すれば、靴は臭わない。

 

この記事が少しでも多くの方のお役に立てれば幸いです!